お気に入りリンク

ブレイクダンス、大阪のJR難波駅

ダンサーが集まる場所で特に有名なのは、大阪のJR難波駅にある「なんばOCAT」である。B-boy B-girlに限らずさまざまなジャンルのダンサーがおり、初心者から世界大会に出場経験のある人まで多くのダンサーが日々切磋琢磨している。OCATには関西圏の有名なダンサーがこぞって集まるため関西のダンサーは他のグループのメンバーなどとも親交が深く、それが関西のダンスシーンのレベルの高さの要因であるとも言われる。現に最近の世界大会に出場するチームは関西のチームが多い。


ダンスマニュアルトップへ
http://seiko-ichibansuki.seesaa.net/

ブレイクダンス、岡村隆史、風見しんご

ブレイクダンス、岡村隆史、風見しんご。
芸能人にもブレイクダンスが出来る人がおり、風見しんご、ナインティナインの岡村隆史、ガレッジセールのゴリなどがいる。ナインティナインの岡村は80年代関西No.1であったAngel Dust Breakersに所属しており、ブレイクダンスの全国大会中学生部門で優勝している。岡村の高校時代のあだ名は「ダンサー」である。
めちゃイケで放送された岡村隆史VSゴリのブレイクダンスバトルや少年チャンプルは、最近のシーンの拡がりの一端を担ったとされる。

●ダンスマニュアルトップへ

ブレイクダンス、マニュアル

ブレイクダンスとは、ブレイクビーツと呼ばれる曲にあわせて踊るストリートダンスの一種。体を壊れるように動かすからではありません。正式名はB-Boyingである。B-BoyのB≠ヘ、BADと認識されがちだが、ブレイクダンス発祥の地、ニューヨークのブロンクス(BRONX)地方のB≠ニいう 説が今のところ有力。また、Break DanceのB≠ニする説もあるが、これはBreak DanceのことをB-Boyingと呼んでいるために、有力な説とは言えない。 ブレイクダンスという呼称は元は映画のタイトルで、1984年の「ブレイクダンス(原題:Breakin')」公開以降ダンスが一般化したため、日本では通常ブレイクダンスと称される。

ブレイクダンスはエントリー、フットワーク、パワームーブ、フリーズの四つから成る。
エントリー…エントリーとは立ち踊りのことで、代表的なものにトップロック、アップロック、ブロンクスステップなどがある。
フットワーク…屈んだ状態で素早く足を動かしたりする動きで、代表的なものはシックスステップ、ファイブステップ、などがある。
パワームーブ…代表的なものに、背中と肘で回転するウィンドミル、頭で回るヘッドスピンなどがある。ブレイクダンスをはじめる人の大半はこのパワームーブに憧れているが、練習にはケガが付き物。
フリーズ…その名の通り体の動きを止めることである。代表的なものは、チェアー、マックス、ハローバックなどがある。

●ダンスマニュアルトップへ

ブレイクダンスマニュアル、ブレイクダンスの解説

ブレイクダンス動画を配信するサイトは非常に多く、ブレイクダンスの講座もたくさん開講されているようです。ブレイクダンスの醍醐味は技、なんていってもスリル満点の技を見ると心がウキウキしますね。ブレイクダンスウィンドミルは、腰を浮かしながら股を開き、背中と肩を中心にして回転する技。ブレイクダンスでも代表的な技。
ブレイクダンス動画一撃。あのナイナイの岡村隆史もブレイクダンスが非常に得意で動画やブレイクダンスの画像も多数配信されているようです。ブレイクダンスチェアーは両手を地面について、片肘(どちらもでもいいが管理人はたいてい右)を腰のあたりに固定して体を浮かして止まる技。ブレイクダンスを踊るにはなにせフットワークが大事なのですが、練習すれば神業もマスターできるとか。ブレイクダンスを踊るには曲、音楽が大切です。曲によって、動きが緩慢に見えたり、ぎこちなく見えたりします。ブレイクダンスやり方は様々ですが、激走ブログブレイクダンスには、いろいろと載っているようです。ブレイクダンスの基本はまずは楽しみながら、ムービーを見て練習するのも良いでしょう。初心者は体をリズミカルに動かすことが第一で焦らず継続すると感が掴めてきます。ブレイクダンストーマス、ウィンドミル、マカコ:しゃがんで片手をついた状態からするバック転。ブレイクダンスフロアムーヴ:床を使う技のことを総称してこう呼ぶ。ブレイクダンスフットワーク:ロアムーヴの一つ。ブレイクダンススワイプル:腰を浮かせ、上体を回し足を蹴って腰の回転を利用して足を回す技。NADAのCMで岡村がやってます。ブレイクダンスエアートラックス:はちゃめちゃ難しい技。ブレイクダンスチェアー:両手を地面について、片肘を腰のあたりに固定して体を浮かして止まる技。ブレイクダンス1990:片手逆立ちの状態で、片手を軸に回転する技。片手倒立:っちゃけブレイクではない。ブレイクダンストーマス:開脚旋回をフロアで行う技。
ブレイクダンスエアーチェア―:手をわき腹あたりにあてて、体を浮かせてとまる技。ブレイクダンスの技はやはり動画を見ながら覚えるのが一番です。ブレイクダンスは基礎をしっかりマスターしないと癖がついてしまって抜けないようです。ブレイクダンスのスクール、教室も多数あるようで、基礎をしっかり学ぶことが可能です。ネットではブレイクダンスのコミュニティサイトも活況を浴びているとのこと。ステップをゆっくりしっかりとっていくことが最大の早道ですね。岡村さんはブレイクダンスは旨いですが、旨くなるにはかなりの練習をつんだと聞いてます。韓国でも最近非常にブレイクダンスが流行ってきて、若者が路上で踊る風景が見られると聞いています。ブレイクダンス世界大会は見ものですね。
●ダンスマニュアルトップへ

XXXXXXX

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。